Dr.JIN・・・11話

d0005269_2122923.jpg

今回、ギョンタクは刀を首に当てられたり、父親から自決せよと銃を渡されたりで
観ていて可哀想なくらいの役どころでしたね。
それでなくてもヨンネへの想いが通じなかったのに少しくらいイイとこないと怒るよ。
っと思いながら観ておりました。^^;;

このところ裏番組の「紳士の品格」も見始めたので土、日は忙しいannです。

     Dr.JIN 11回

❁ ネタバレ追記しました。



ヨンレは焼き鏝を近づけられ気を失ってしまう。
テギュンは「ハウンに指図されたと言えばいいんだ」とジンに迫る。(コイツ、本当に悪い奴)
そんなヨンレを見ていることができず外に出ていってしまうギョンタク。
ヨンネの母に呼び止められるが「私には、なんの関係もありません」と行ってしまうギョンタク。

キム・ビョンヒ(左議政)は御医ユ・ホンピルと共謀し、ハウンを悪者にしようと仕向ける。
「首謀者が誰か分かったか?」と聞かれたギョンタクはヨンヒをかばって「まだ、わからない」と答える
(お前だろ・・・と、突っ込む私)
ギョンタクは大妃が毒を盛られた事件のことを聞くと「お前の管轄ではない。ヒョンジョ(刑曹)で仕切る」と、
撥ねつけらてしまうのだった。
「婚約者のためか?」と聞かれると「もう忘れた。なにも残ってない」と答えるギョンタク。

活人署のクォン医員が安東金氏に呼ばれた。
ハウン、ジン、ヨンレの3人が密かに毒を準備していたと嘘の証言をするようにと・・・。
ハウンはギョンタクに拘束され、駆け付けた息子のミョンボクに
「心配はいらない。すぐに帰る。何も考えずに勉強だけするんだ。」と搬送籠の中から叫ぶのだった。

「これは陰謀だ!お前もそう思っているのか?俺とジン医員が大妃様を殺そうとしただと。」と
ギョンタクに言うハウン。ギョンタクは「分からない」と答えるがハウンは
「それを調べるのが、お前達の仕事だろう。ヨンネさんも殺すつもりなのか?」
だが感情を出さないギョンタクは、ハウンを連行させる。

チュパル(金貸し)はヨンヒ(ヨンレの兄)に疑わしい官女がいると言う。
ハウンの命で大妃の宮女を調べていたチュパルは、事件後居なくなった宮女がいることを突き止めたのだ。
そしてハウンが大妃、毒殺の首謀者として捕えられたと伝えられる。
ヨンヒは「左議政の陰謀に間違いない」と確信する。
刑の執行が近付いているハウン。ヨンヒは仲間を集め消えた宮女を探すことになる。

ヨンヒはギョンタクを訪ね、刀を抜いてギョンタクの首に当てる。
「私を殺しに来たのか?それとも自ら死にに来たのか?」とギョンタク。
ヨンヒは「妹を助けに来た」と答え
「ヨンレを殺させはしない・・・ヨンレが死んでも良いのか?」とギョンタクに迫ります。
ギョンタクは「それでも盗賊か。俺を殺すなら殺せ。なぜ筆を捨て刀をとったんだ」と・・・

「俺達は互いに分かり合っていなかった。そんな友だったのか・・・」とギョンタク
「俺を捕まえてヨンネを助けてくれ。友として最後の頼みだ」とヨンヒ。
ギョンタクは「ヨンレを助けたければ、すぐに去るんだ。二度と俺の前に現れるな。
もし、俺の前に又、現れたら、必ず俺が成敗する」
(ヨンレを失い、大事な友を失い・・・ギョンタク 可哀想すぎ。)

ハウンはジンに事件に巻き込んで悪かったと謝る。
ジンは悪いのはハウンではなく安東氏だと言う。
ハウンの未来を知っているジンは「あなたは、ここで終わる人ではありません。」と言うが
ハウンはジンの言葉を信じない。ヨンレのことを気遣うが、どうにもならない。

牢に入れられたヨンレのもとに母がやってきた。
ギョンタクとの一件で仲たがいして以来だ。ヨンレは母の身体を気遣うが
母は「とても健康になった。私の事は心配しないで。あのお菓子が、とても良かったようだ
こんなことになるなら、お前の好きなようにさせれば良かった」と母はヨンレを気遣う。

逃げた宮女を探し出したギョンタクは彼女の希望で宮女のところに駆け付ける。
「キム・ギョンタク様ですか?」と女は念を押すがそれには訳があった。
「助けてください。私は左議政に命じられて、言うとおりにしただけです」
そう聞いたギョンタクは動揺し、証拠の皿を手に入れると
ギョンタクは女の歳を聞き、「19ですが・・・」と言う宮女に
「ありがとう。この恩には必ず報いる」と証拠の皿を見つめるギョンタク。
そして、いきなり宮女を切りつけてしまう。

一方、処刑場では3人の首には縄が掛けられていた。
ジンはハウンの未来を知っていたので、ここで処刑されてはならないと思っていた。
ヨンレはジンから聞いた「未来」のことを話す。
「私達は他の世界で又、会えるのだろうか?果たして覚えているのだろうか?」
ハウンは「他の世界があるなら、それはいい。そこで王になってやる。
新しい朝鮮を作りたいじゃないか。できると思うか」とジンに言うが
ジンは「何かが間違っている。だめだ、だめだ」と。
そして首に巻かれた縄の締め付けが始まった。
ハウンが最後に言いたいことがある。と・・・
「左相は歴史にどんな人物として残るのだろう。国や民衆より安東金氏を崇拝する人だから
国と民衆を陥れた稀代の奸臣だ」と。「お前の子孫は代々それを恥じるだろう」
縄にさらに力が加わり運命の危機の3人。そこに絞首刑中止の王命が伝わる。
ドーナツにではなく、皿にヒ素がまぶしてあったことが明らかになる。
黒幕は自分であるにもかかわらず、左議政は黒幕を探さなければならないと言ってのける。

ジンとヨンネは放免となるが、興宣君(ハウン)は巨済島に流刑となる。追いすがるミョンボク。
「父の姿と教えを忘れるな!」とハウン。
「朝鮮で最も高貴なものは天で、天とは民衆のこと。民衆を天と仰げ」という教えだ。

ギョンタクが事実を突き止めたことを知った左議政はギョンタクの銃を手に取り自決するように言う。

ギョンタクは頭に銃口を向けて引き金を引く。けれども玉は抜かれていた。
命拾いはしたものの、捕庁の官職は剥奪され、左遷されることになる。
追い出してしまおうというテギュンに、いずれ使い道があると左議政。
(えっ!左遷ですか? まったく、この親父どうにもならない奴)

妓房でジンと妓生チュノンが話している。安東金氏がハウンこのままにしておくはずがない。
大妃が回復する前に命を奪うはずだと。
「もちろんそんなことはいけません。こうして死んでしまってはいけない人ではありませんか?
誰よりもジン医員がよくご存知でしょう?違いますか?」と、チュノン。
「それはどういう意味ですか?以前お嬢さんについても、(ミナとは)違うと言いましたね。
なにか知っているのですか?知っているのですね?」と、ジンヒョク。
「何をですか?あなたが遠い未来から来たということをですか?」と、チュノン。彼女はこのことを知っているのだ。

安東金氏の会合。ハウンを流刑にしたことを喜んでいた。ずっと流刑地で過ごせとほくそ笑んでいるのだ。
けれど、左議政は「歳月を過ごせだと?アイツを生かすというのか?」と、大妃が何か言い出す前に賜薬(毒)をを出せという。
三司を動員して王に賜死の命を出させるので、興宣君が流刑地に付く前に禁府都事が持って行けるよう急げと、御医に命じる。

「お前は一体何者だ?」と、チュノンに迫るジン。
「本当にまだわからないのですか?徐々に分かることでしょう」とチュノン。「おい!」と、声を荒げるジンヒョク。
「だから私の言うことを聞いてください。理解できるのは私だけです。わかりましたか?」と、
チュノンも声を荒げる席を立とうとする。
そんなチュノンに「戻る方法を知っているか?」と、聞くジン。
「すべてのことを元に戻せたなら。あなたは来てはいけないところに来てしまいました。
何よりも最も大きな失敗は左議政を救ったことです。左議政がどんなひとですか?
60年続く天下を牛耳る安東金氏の人間です。権勢のためならなんでもする恐ろしい人たちです。
もし、彼を救わなかったなら、興宣君もこうはなっていないでしょう。まだわかりませんか?
興宣君の未来が変わったということです。この言葉は何を意味するでしょう?
歴史が変わったという意味でしょうか?あなたがここに来たあとのすべてのことを、元に戻さねばなりません。
歴史のことだけでなく、お嬢さんのことも。」と、チュノン。

活人署で働くヨンレ。「お嬢さん、戻ってください」と、ジン。
どこへと聞くヨンレに「従事官(ギョンタク)がお嬢さんを思う気持ちがどれだけ大きいか知っているじゃないですか。
そして、医術は、誰もやっていません。特にこの時代、女性がやっていたという記録はないんです。」と、ジン。
「確かに、未来からやってきたのですからジン医員の言うとおりでしょう。けれど、私は・・・」と、
ヨンレが言うのを遮り「だからダメなんです。私の言うことを聞いてください。」と、ジン。
「私がそばにいることが負担ということですか?」と、ヨンネ。
「そうです。僕が言わなかっただけで(本当は)違っていて、会いたいと思い、愛しい・・・
お嬢さんはあの人じゃないじゃないですか!」と、ジン。

ジンとチュパルたちはハウンを追っている。途中盗賊に会うも、首領の命を救い、
なんとか脱出しハウンのもとにたどり着く。まだ途中の清州(チンジュ)にいるところだ。
「あなたに賜薬が出されました」と、ジン。「左相は最初からこうするつもりだったのだ」と、ハウン。
「賜薬がやってきます。早く逃げなければ!」と、ジン。けれど、ハウンは正装を用意し始める。
「王命を受けなければならない。臣下の道理だ」と。
「いけません。あなたはこのように死んではいけない人です。
私の言うことを聞いてください。早く逃げなければ!」と、ジン。
「いや、私は逃げない。ここで血を吐いて死ぬのだ。」と、ハウン。
「朝鮮を変えるのが夢でしょう?その夢を失ってなければ、変えましょう。一旦生きましょう。
生きて変えましょう。どうかぼくを助けて下さい。これ以上(歴史が)よじれないように正せるように。
全部です。私もあなたも、この世界も。いや、そんなことは置いといて、私はこのように友を失いたくありません。
ここで初めて付き合った、たった一人の友を!」と、ジン。
そうしているうちに、賜薬が届いてしまった。
「ありがとう、ジン医員。冥土への道も友の見送りを受けるから、心残りはないぞ!」と、ハウン。
身だしなみを整え王に王室を守れない旨を詫び、賜薬を飲もうとする。

* ハウンが死ぬはずがないのは、分かっていることですから当然助かるはずですよね。
ヨンネの想いは届かないとみましたが、どうでしょうか?
12話に続きます。 (これって長すぎない?もっと端折ったネタバレでも、いいかしら?)
by ann-mam | 2012-07-01 20:35 | JYJ


いらっしゃいませ。annと申します。お付き合いくださいませ。 


by ann

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
ご挨拶
愛色申告etc...
ピ・Rain・????
ソ・ジソブ/???
キム・ナムギル/? ??
キム・ジェウク/ ? ??
ソ・イングク
K-POP
JYJ
BIGBANG
韓ジャニ
韓為
映画情報????
ドラマ情報??? ??
私の今・・・
おそとdeご飯
韓誰いいんかい14
未分類

My brog

powered by 撮影スタジオ.jp

最新の記事

ご無沙汰しております。(^^;;
at 2016-09-05 20:07
だれさ ? ジュンスさ。
at 2016-05-07 20:40
さくら
at 2016-04-09 23:45
ヒーラー〝最高の恋人″
at 2016-03-22 21:05
私達にできること・・・
at 2016-03-12 22:02
ソ・イングク 「 主君の太陽..
at 2016-02-27 22:36
あっちでも、こっちでも BI..
at 2016-02-25 22:07
フリマ・メルカリって…どう ⁇
at 2016-02-24 18:45
韓国ドラマでみる 〝 年下男..
at 2016-02-20 01:03
ジェジュン…「NO.X」、メ..
at 2016-02-18 00:12

記事ランキング

フォロー中のブログ

nanabosi日記
今日が一番・・・♪
teraのおとぼけ日記
幸せなひとときに感謝♪
さくらんぼのつぶやき・・・。
I My Me*Mine
Kirana×Travel
Beautiful th...

以前の記事

2016年 09月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

韓流スター・ドラマ
シニアライフ

画像一覧